車検とは?

そもそも車検とは、『保安基準』に適合しているかどうかの車両検査です。
車検は「自動車検査登録制度」の略称で、道路交通法で定められた
「保安基準」に適合しているかどうかの車両検査のことです。
クルマを長く使用していると、だんだん見えない部分が消耗してきたり、経年劣化してくる部分があります。そのままの状態で使用し続けると「保安基準」に適合しなくなることがあります。
またはエンジンやブレーキなど重要な部分にトラブルが発生している場合には、非常に危険が伴います。
そこで、定期的に検査(車検)をすることで、「保安基準」との適合性を確認しているのです。

※車検を受けられるのは、”指定工場”か、”認証工場”のどちらかです。
 どちらの工場でも、国土交通省から、車の車検整備をしても良い、という認可を受けた工場になります。
 金澤石油では、”認証工場”を取得しております。

自動車の構造・装置を定期的にチェックすることで自動車の安全確保、公害防止、
円滑な道路交通の確保と省エネルギー化を維持する目的で「車検」が設けられています。

車検の有効期限

車の種類 初回 2回目~
自家用乗用自動車 3年 2年
軽乗用自動車 3年 2年
小型自動二輪 3年 2年
軽貨物自動車 2年 2年
貨物自動車(8トン未満) 2年 1年
貨物自動車(8トン以上) 1年 1年
大型特殊自動車 2年 2年
バスおよびタクシー 1年 1年
レンタカー(乗用タイプ) 2年 1年

普通乗用車や軽乗用車(バイクも含む)の場合、通常の期間は2年ごとですが、
新車で購入した場合は、初回の車検は登録から3年後です。

軽トラックなどの軽貨物車はルールが少し違い、新車を購入した場合でも初回車検までの期間は2年で、
バンなどの普通貨物車は初回車検までの期間が2年、以降は1年ごととなっています。
軽トラックやバンなどの商用車の車検期間が短いのは、
毎日使用され走行距離が自家用車に比べて多いため、車のパーツの消耗が激しいことを想定しているためです。

車検費用の内訳

項目 内容 費用
重量税 車検時に車の従量に応じて課される税金 車検時に必要な公的費用
※沖縄県のみ金額が異なります
自賠責 法律によって強制的に加入が義務付けられている損害保険
印紙代 自動車検査証の交付を受ける為の費用
基本料 点検・整備に伴う作業費用 地域や店舗、
お車の整備内容により
異なります
法定点検料 保安基準に適合しているかを点検する為の費用
事務手数料 車検証工賃手続きを行う為の費用

車検に必要な物

  • 自動車検査証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
  • 自動車納税証明書
    「継続検査用」と記載された今年度の証明書をお持ち下さい。
  • 車検証の使用者の印鑑(認印でも大丈夫です)
  • タイヤ盗難防止用のロックナットをご使用の場合は、専用のアダプターをお持ちください。

その他取り扱いサービス